南湖公園(福島県白河市)

南湖公園享和元年(1801)、12代白河藩主・松平定信(楽翁公)が水利開発と貧困者救済を兼ね、「大沼」と呼ばれていた湿地帯に堤を築いて作った南湖(なんこ)を中心とする回遊式自然庭園です。湖畔には松や吉野桜、嵐山の楓などが移植され、士農工商の身分制度が厳しい封建時代にあって「四民共楽(武士も庶民も共に楽しむ)の地」として庶民に開放されたことから、日本最古の公園ともいわれています。また、定信公は、特に景観が優れている景勝地「南湖十七景」を定め、それぞれに和歌・漢詩を添えています。 [続き・地図]

海岸公園冒険広場(仙台市若林区)

仙台市冒険広場市制施行80周年記念として昭和46年度(1971年度)から整備が始められた海岸公園の4つの施設地区の1つです。仙台市中心部から東方約10㎞、七北田川から名取川まで9㎞の海岸線沿いに位置しています。東日本大震災の際に、大津波により大きな被害を受けましたが、5人の市民が築山状(15.5m)の冒険広場に設けられた高台(展望台)に避難して助かりました。施設としては比較的新しいのですが、東日本大震災の際、津波から避難した市民が施設地区内の高台で助かり、 [続き・地図]

定禅寺通(仙台市青葉区)

定禅寺通定禅寺通(じょうぜんじどおり)は昭和21年(1946)に戦災復興区画整理事業により整備された道路です。大径のケヤキ並木を形成し、広い中央帯は緑地として整備され、杜の都仙台のシンボルの1つとなっています。イタリアの著名な彫刻家の作品が緑地に3体設置され、散策することがでます。四季を通じ、定禅寺通ストリートジャズフェスティバルや光のページェントなど仙台を代表するイベントが開催されています。 [続き・地図]

松島(宮城県塩竈市・東松島市・七ヶ浜町・松島町・利府町)

松島日本三景の1つとして全国的に有名な景観を有する地です。宮城県で最も古い自然公園(県立自然公園松島)で、沈降と浸食によってできた230余りの島々と、内湾を距てる細長い岬と海水面からなる我が国屈指の多島海景観です。わが国屈指の多島海景観として国指定の特別名勝に指定されています。 [地図]

登米町武家屋敷町並み(宮城県登米市)

登米町武家屋敷藩政時代に建てられた複数の武家屋敷が沿道に連続して並び、歴史的な街並みを形成しています。その中心的存在である「春蘭亭」は登米(とめ)町(当時)が買収した武家屋敷で、400年以上前に建てられた伊達藩士鈴木家の屋敷です。「春蘭亭」は、喫茶コーナーのある施設として開放されており、その名はこの地に自生する春蘭の花を加工した「春蘭茶」を提供することから名付けられています。武家屋敷の街並みの面影をかなり忠実に残す景観を有し、映画やテレビドラマの撮影にも利用され、知名度も高い場所となっています。 [地図]