名寄公園(名寄市)

名寄公園1901(明治34)年、名寄に殖民地区画が設定され、その中に市街地面積の37%に相当する約69haの公園予定地が設けられた。1922(大正11)年に北海道帝国大学の星野勇三教授と前川徳次郎助教授によって設計が行われ、翌年から公園建設が行われている。計画図では運動場、池、競馬場などが示され、説明書ではミズナラ林の保護が訴えられていたが、その後、運動場、競馬場、ミズナラ林の一部は農学校用地として失われた。1989(平成元)年からの改修工事を経て、現在は名寄を代表する総合公園となっている。 [続き・地図]

手宮公園(小樽市)

手宮公園手宮(てみや)公園は、1900(明治33)年に共同遊園地として国有地の払い下げを受け、道内に現存する4番目に古い都市公園である。確認できる最初の図面「手宮公園設計概図」によれば、陸上競技場や遊戯広場、一部の園路などは現在まで引き継がれており、また手宮洞窟や旧高架桟橋線レンガ積み擁壁、高射砲台座などの存在も、歴史的な用途・機能を今に伝えている。かつて積丹半島から小樽にかけてはクリの多い地域であったが、 [続き・地図]

東庭園(長沼町)

東庭園この庭園は、1896(明治29) 年に入植した東(あずま)重次郎氏が、長い年月をかけて造り上げたものである。厳しい環境から暮らしを守るために、屋敷の周囲に配置された防風植栽は、極めて機能的であり、かつ美しい。冬の北西風を遮るために、トドマツを主体とした厚みのある樹林を形成し、馬追山を越えて吹き付ける春の強風には、高さ20 mを越えるトドマツの防風林で遮り、その他はヒバの大刈り込み生垣としている。庭園内には、百種を超える多彩な樹木が植えられており、 [続き・地図]

梅村庭園(八雲町)

梅村庭園1892(明治25)年に八雲村に入植した、尾張徳川家家臣の梅村多十郎が、1912(明治45)年に建設した蔵、離れ、洋館(現存せず)とともに造園したものである。1923(大正12)年ころから、函館の庭園師野中松太郎の作庭により1930(昭和5)年ころ完成した。池泉回遊式庭園で、伝統的造園技法が随所に見られる。中心の池は湧水で満たされ,池の周りに築山や枯れ山水を巧みに配置し、珍しいコンクリート造の灯籠も配置されている。庭内には、 [続き・地図]

緑ヶ丘公園(帯広市)

緑ヶ丘公園50.5haという広大な面積を有する緑ヶ丘公園は、道東で2番目の歴史を持つ総合公園である。十勝監獄用地の払い下げ地という歴史を持ち、園内には煉瓦造の石油庫や登り窯跡、囚人延べ3,260人により掘られた十勝ヶ池など、当時の記憶を伝える風景も残している。園内には、時代の変化に合わせて様々な施設が整備されており、国内開設3番目の野草園は、十勝平野の自然植生が保全され、本郷新の提案によって作られた「彫刻の径」には、十勝産の御影石で彫られた彫刻が配置されている。 [続き・地図]