貞観園(村山家庭園)(新潟県柏崎市)

貞観園貞観園(ていかんえん)は江戸時代から続いた旧高柳町の庄屋、村山家の庭園である。江戸時代中期に九段仁右衛門・藤井友之進により築庭された後、数回手を加えられ明治初期に現在の姿になったといわれている。1932(昭和7)年に田中泰阿弥により修復。裏手の山より地域の水田へ引いた疎水の一部を庭園に引き込み、二つの滝、池を配した池泉回遊式庭園である。自然の地形や水、背後の森を生かし、また雪に強い樹種選定により冬季の雪吊りも最小限にとどめ、自然と庭園造形がみごとに融合した名園である。 [続き・地図]

真田邸新御殿庭園及び松代城下町の泉水路と池庭群(長野市松代町)

真田邸新御殿庭園真田(さなだ)藩十万石の城下町が長野市松代町である。1864(元治元)年に九代藩主・真田幸教が松代城の南に新御殿を建てた。庭園はその時に作庭されている。自筆の書『水心秋月亭図巻』が残り、絵が添えられ、京都から庭師を呼び造ったと記されている。庭園には町の水路から水が入る。池が広がり、遣水が流れ、優美な姿を形成し、背後には山々を望んでいる。図巻の絵を参考にし、発掘調査の成果を踏まえて、庭園が復元整備された。一方、町には江戸時代からの水路網が残され、100カ所ほどの [続き・地図]

あがたの森公園とヒマラヤスギ並木(長野県松本市)

あがたの森公園とヒマラヤスギ並木あがたの森公園は旧制松本高校の跡地に造られた公園である。戦前、松本高等学校は自由闊達な気風で知られ、当時珍しかったヒマラヤスギの並木はキャンパスプランのもとに、1919(大正8)年に二代校長であった植物学者の大渡忠太郎が、学校敷地の中心軸となる園路に植樹したものを中心としている。この並木は約150mにわたり、両側に25本程の大木からなる。ヒマラヤスギの並木と旧制松本高校の校舎はあがたの森公園のシンボルであり、信濃教育としての歴史文化の香り高い風致を保存する公園である。 [続き・地図]

上高地(長野県松本市)

上高地大正池から横尾に至る全長約10km、穂高連峰等の3,000m級の山々に囲まれた梓川沿いの平坦地を上高地(かみこうち)と呼ぶ。W・ウェストンに代表される外国人らはその山岳景観を「日本アルプス」と称し、世界に紹介した。明治以降の西欧の文化、科学的知識の流入を背景として、日本の伝統的風景から新しい近代的風景の発見につながる重要な舞台となった。焼岳の噴火による大正池の出現、釜トンネルの開通により電源開発と観光開発が加速した。 [続き・地図]

りんご並木(長野県飯田市)

飯田市リンゴ並木1947(昭和22)年に発生した「飯田の大火」の復興のための都市計画のもとに、幅25mの防火帯道路が造られた。りんご並木は、1952(昭和27)年に飯田市立飯田東中学校の生徒たちが提案したことから生まれ、翌年に生徒たちが植樹した。りんごの木は中学生の手で現在も育てられ、管理されている。1999(平成11)年には、中学生を含む地域住民によるワークショップを通じてりんご並木全体が公園として再整備され、現在の姿に至っている。 [続き・地図]