斜交街路と大通公園(帯広市)

斜交街路帯広は、1892(明治25)年の市街区画の測設当初から、碁盤目状の街区に斜交街路が施され、火防線としての役割も担う、北米大陸の殖民都市の構造を持ち込んだユニークな都市計画が実施された。当初の斜交街路の面影を伝える鉄北地区の水光園通・双葉通は、1905(明治38)年の鉄道駅開設などでその存在価値は失われたが、昭和50年代以降は緑道として整備されている。この斜交街路は、1921(大正10)年の鉄南の十勝監獄払い下げ地の [続き・地図]

北海道大学中央ローン・農学部前緑地・エルムの森(札幌市北区)

北大中央ローン中央ローンは、再生された旧サクシュコトニ川の流路を挟み、なだらかに傾斜するローン(芝生)の散開林であり、農学部前緑地及びエルムの森は、これに連続したハルニレ(エルム)の散開・疎生林である。この地形の変化は、かつての札幌扇状地の末端部の特徴を残しており、樹林は既存木を保護し補植されてきたものである。ローンと樹林は、休養・レクリエーションの場として、古くから学生・教職員のみならず、市民・観光客にも広く利用されている。また、この一帯はハルニレの多さに加え、 [続き・地図]

陽殖園(滝上町)

陽殖園この庭園は、園主である高橋武市氏が、1955(昭和30)年の中学生の時から全く独力で造り始めたものである。この時、生涯をかけて造る庭を「太陽が育て殖やしてくれる庭」という意味を込めて『陽殖(ようしょく)園』と命名した。以来60年の歳月を積み重ねながら、いまだに完成には至らず、日々こつこつと造り続けている。何かを参考にするとか、誰かに教えを受けるということもなく、氏の感性と豊富な植物に関する知識、そして自然環境を見抜く力によって造成が進められてきた。 [続き・地図]

中野植物園(小樽市)

中野植物園地元で蕎麦屋を営んでいた中野鹿蔵氏が、日露戦争終結後に益々活況を呈していた小樽において、大衆公園、家族的遊園地が必要であると考え、教育的見地を主とし、保健的施設も備えた植物園を近郊の丘陵地に個人で整備して1908(明治41)年に開設した。小中学校の遠足、家族や職場などの行楽の場として利用され、開設以来、小樽市民に親しまれ続けている。約20基ある遊具の大半は、戦前に地元の鍛冶屋に依頼して作られたもの。毎年ペンキを塗りながら維持されており、他では見ることができない [続き・地図]

小樽カントリー倶楽部旧コース(小樽市)

小樽CCL本コースは、1928(昭和3)年に有志が牧場の草地をコースとして開設したもので、国内に現存するゴルフ場の中でも、十数番目の古さを誇っている。多くの大会が開かれる北海道のゴルフ発展の礎となったクラブであり、現在も国内外のゴルファー達に愛され続けている歴史あるコースである。周囲は海岸とカシワを主体にした自然林に縁取られ、フェアウェイは海風にさらされる。ラフの植生は放牧地の頃から変わらず、日本の北限に分布するノシバである。その来歴はゴルフ発祥の地である英国のものに近く、 [続き・地図]